2009年04月11日

次だ次!

今日はJリーグ第5節 アウェー京都戦。

4節が終わってアルビレックス新潟は首位をキープ。
勝って首位を守りたいところだが、マルシオが怪我で出場できず。
代わりに怪我明けの内田が出場。
対する京都サンガFCは、柳沢、佐藤勇人が怪我で不在。

前半、落ち着いてゲームに入っているなぁ、と思ったら、
開始3分、一瞬の隙を京都のブラジルコンビにやられ、
抜け出したパウリーニョにGKとの1対1を冷静に決められ先制を許す。
0-1
新潟両CBのミスだね。
ああいうところはブラジル人同士の阿吽の呼吸って感じ。
時間的に早い失点だったので、その後も慌てることなくって感じ。
PJ→大島、内田のミドルドライブシュートは惜しかった。
京都は新潟の楔に入るボールに対してかなり厳しくプレスをかけてくる。
新潟は後ろでボールを回しながらボールの入れ所を探すんだけど、
なかなかシュートまで繋がる崩しができない。
松下のFKから千代反田のヘッドも惜しかった。
相手のカウンターに対して新潟DFは失点シーン以外は落ち着いていた。

後半、京都は前半と同じく楔のボールに厳しくプレスをかけてくる。
前半高めの位置にいた内田は下がって、矢野も1列下がって、
大島、PJの2トップになってた感じ。
ジウトンが渡邉大剛の切り返しでやられたシーンでの永田スライディングはサスガ。
結構やばいシーンだった。
松尾 out → チョ ヨンチョル in
内田が右SB、チョが中盤左、松下が中に。
貴章が相手PA内で転んだシーンで貴章がファールを主張してたけど、
貴章がシュートで地面を蹴って転んだんだからねw
時間と共に新潟の猛攻シーンが増えてくる。
終盤の貴章、大島のシュート惜しかった。。。
京都の上手い時間稼ぎにどんどん時間は過ぎタイムアップ。
0-1で終了、ついに今期リーグ戦初の負け。

昨年、マルシオ不在の試合はダメダメだったわけですが、今回もマルシオ不在。
代わりに入った内田に同じ仕事をしろとは思わないけど、
やはりマルシオがいないとチャンスを生むパスがなかなか出てこない。
この辺は選手層の薄い新潟の課題。
それと京都が今年の新潟をよく研究してきてたね。
PJには水本がガッチリ対応。
貴章は染谷に苦しめられてた。
楔のパスが入らない状況だったが、
相手DFの裏を狙うロングボールなどもアクセントで入れても良いと思った。

負けるのは凄く悔しい。
でも負け無しは有り得ないわけで、嫌な流れだけは作らない、引きずらないように、
次節に向けてトレーニングあるのみ。
そして我々も切り替えよう。

で、今日時点での暫定1位はモンテディオ山形。
これは凄いと思いますよ。
5月9日の山形戦がとても楽しみです。  


Posted by さくらい at 23:31Comments(0)