2009年04月04日

これがホームのチカラ!

今日はJリーグ第4節、ホームに横浜FMを迎えての一戦。

リーグを無敗、首位でヤマザキナビスコカップの予選に入ったアルビレックス新潟。
しかし、ヤマザキナビスコカップではリーグでの勢いは影を潜め、
2戦1得点に止まり、1分1敗。
リーグ戦とメンバー的に変わったところもあったが、
少々攻撃面で手詰まり感を感じていた。

横浜FMは、今期いまだ未勝利。
しかし、横浜FMは堅守が持ち味のチームだけに、新潟の課題である、
堅守のチームからいかに得点を奪うかが大きなポイント。

新潟は、ナビスコ杯の磐田戦で怪我から復帰し途中出場を果たした松尾が、
怪我で不在の内田に代わり右SBで先発。
ルーキー酒井も右SBで頑張ってはいたが、頼もしい選手が戻ってきてくれた。

前半、横浜FMの積極的なプレスに中盤でボールを奪われゲームを支配される。
雨によるスリッピーなピッチにボールコントロールが難しそうだ。
横浜FMの狩野から繰り出されるパスはとても危険。
右サイドの田中(裕)は再三、新潟陣内に切り込む。
そんな状況に矢野が守備に戻ってなんとか攻撃を防ぐ。
矢野の運動量は半端じゃない。
PJがドリブルで仕掛け打開を図るが、なかなか流れを戻せない。
横浜FMの3バックはなかなか崩せない。
しかし、雨で濡れた芝がミスを生む。
敵陣深く切り込んだ矢野がゴール前へセンタリング。
こぼれ球を駆け上がっていたジウトンが再度ゴール前へ放り込み、
マルシオがゴール左隅にヘディングシュート!
横浜FMのGK榎本の脇の下をボールがツルンと抜け先制点が入る!
苦しい展開ながら新潟が先制!
GK榎本は悔しがる。
矢野が敵陣深くボールを運び時間が出来、後ろの選手が上がって来れて、
先制するシーンはゴール前に選手が多く入っていた。

後半、横浜FMが坂田に代えて金根煥を投入。
金根煥は身長193cmでDF登録の選手。
どうするのかと思ったらトップに据えてきた。
後半もやはり横浜FMのペース。
しかし、時折見せる新潟のカウンターも徐々に形になっている感じ。
前半、クロスの精度を欠いていた松尾も徐々に試合感が戻ってきた感じ。
厳しい時間帯を耐えていた新潟DFに手痛い同点ゴールがねじ込まれる(>_<)
ダイレクトで繋ぐシーンでは良い形が作れるがなかなかシュートまでいけない。
PJに代えて、徐々にチームにフィットしてきたチョ ヨンチョルを投入。
残り時間が少なくなってきて両チームとも勝ちにいっている感じ。
このまま、ドローで終わるのか・・・と思わせたロスタイム残り1分。
横浜FMディフェンスの裏のスペースに走りこんだチョ ヨンチョルにボールが渡り、
中に走りこんだ矢野が決勝ゴール!!!
2-1、劇的な勝利となりました!!!

見事首位をキープicon12
アルビレックス新潟は過去にも劇的な勝利は何度かあるが、
やはりホーム ビッグスワンには何か見えないチカラがあるんだと思う。

今期の新潟。
色んな得点パターンを備えている。

スタメンには身長180cmを越える選手が多い。
セットプレーではマルシオ、松下の正確なプレースキックから高い打点で得点。

FWには相手DFの裏を狙える矢野、PJ、チョ ヨンチョルと俊足FWを揃えた。
そこには、マルシオから正確なパスが、そしてDFラインからも永田のロングフィードが供給される。

ポストプレーには大島。
ボールのキープ力は大きい武器。
中のターゲットに向けて、サイドからジウトン、内田が必殺クロスを供給する。

それでも崩せない時には、PJがドリブルで仕掛け、矢野が相手陣内深く切り込む。

守備だって鉄壁だ。
危険な臭いをいち早く嗅ぎ分け、ピンチの芽を摘み取る本間。
CBの千代反田、永田のコンビはもはやJリーグ屈指の壁だ。
ゴール前に立ちはだかる北野の反応は誰もが信頼するところ。

・・・・・と、絶好調な今、思いっきり良いところを割り増しで膨らませて書きましたw
でも・・・、結果が出ている今、やっぱり凄いんだよ。  


Posted by さくらい at 23:45Comments(0)

2009年04月03日

春スキー

息子の春休みも残り少なくなったので、
今日は家族で奥只見丸山スキー場へスキーに行ってきました。


私は、19日に大会が控えている長男と一緒に滑り、長男の滑りをチェック。

次男と妻は、ゆっくりのんびり滑っていたようです(^_^)


奥只見丸山スキー場といば、やはり山頂ゲレンデのメインパークでしょう!
巨大なキッカーには圧倒されます。



そのキッカーに次々とボーダーが挑みます。
小さく写っているジャンプ中のボーダーが分かりますか?
比べるといかに大きなキッカーかが分かると思います。



山頂リフトに乗っていると迫力のメインパークがすぐ隣りになります。
リフトに乗って迫力あるジャンプを眺めているだけで面白いです。
リフトに乗りながら、携帯電話のカメラでズーム無しで、
これだけ迫力ある写真が撮れるほど、間近で見れるんですよ。

リフトに乗っている私たちよりも高いんじゃないかな?!
山頂には他にハーフパイプもあります。


メインパークはレベルが高い・・・と心配な方には、
初心者向けのステップアップパークもありますよ。


そしてスキーヤーでコブ斜面に自信がある方は、
春スキーシーズンのみオープンするカモシカゲレンデEコースにチャレンジ!

かなりの急斜面です。
隣りのリフトの視線を独り占めしてくださいicon14


もちろん整地バーンもあります。

カモシカゲレンデAコース上部は私のお気に入りです。


奥只見丸山スキー場の魅力はその環境にもあります。



ブナ林に囲まれた林間コースはゆったりと時間が過ぎていきます。


山頂からは奥只見湖が望めます。

もう少し暖かくなってきたら、この景色を眺めながら飲むビールなんて最高ですよicon12
もちろん飲酒運転は厳禁ですよ。


沢山滑って、沢山遊んだ後は、ぜひ湯元庄屋 和泉屋旅館
源泉かけ流しの大浴場でゆったりのんびりしてください(^_^)
奥只見丸山スキー場から、約30分の距離となります。
お得なリフト券付き宿泊パックをご用意してございますのでお気軽にお問い合わせください。


最後に、山頂ヒュッテの写真です。

階段がほぼ隠れるくらいの積雪です。
行ったことがある方でしたら、何となく階段の見え方で積雪量が分かりますよね(^_^;)  


Posted by さくらい at 23:22Comments(0)

2009年04月02日

昨夜の雪

昨日は夕方頃から雨がミゾレに変わり、結構雪が激しく降りました。




でも今朝には、ほとんど雪が消えました。




明日からの天気予報では、穏やかな天気が続きそうです。
いよいよ、春らしい天気になりそうです。  
タグ :大湯温泉


Posted by さくらい at 18:05Comments(0)