2009年05月03日

死闘

昨日は、Jリーグ第9節、アウェーで浦和レッズ戦。
GW5連戦の3戦目。
体力的に両チームとも厳しいだろう。

今期、アルビレックス新潟はリーグでの負けは1つだけ。
順位も一時首位となり、8節終了時に3位と好調を維持している。
浦和も好調で2位。
2位、3位対決だ。
今期、フォーメーションを変えて戦っている新潟は今のところ結果が出ている。
好調な新潟が、好調な浦和を相手にどのような戦いがをするのか、非常に興味深い一戦。

前半。
開始まもなく、本間がボールを奪われ、最後はエジミウソンにシュートまで行かれる。
北野の正面で事なきを得る。
その後、闘莉王のオーバヘッドループシュートが枠を捉えヒヤリとする。
立ち上がり、固さの見える新潟。
悔しいが個々の技術がしっかりしている浦和。
しかし新潟も徐々に左サイドから敵陣に切り込み始める。
新潟のCKが続くが得点には結びつかず。
右からも貴章が積極的に攻める。
マルシオのミドルシュートがゴールポストを叩く、惜しい。

ハーフタイム、マルシオとエジミウソンがユニフォーム交換。

後半。
ポゼッションから攻撃の糸口を探る浦和。
新潟は、ボールを奪って素早い攻撃から、大島のシュートまで行くも枠を捉えず。
マルシオが残り時間約30分を残し2枚目のイエローカードをもらってしまい退場(>_<)
マルシオ本人にしか分からないことだが、審判の判定に不満があったのか?
ここからは浦和の攻撃に耐え抜く時間が続く。
それでもカウンターを狙う新潟だが、シュートまでは難しい状況。
これまで大きな決定機の無かった浦和の猛攻が始まる。
大島 out → チョ ヨンチョル in
松下 out → デビ純 in
もう守り抜くことだけを選択したであろう新潟。
永田の鼻血の治療でさらに1人少ない状況が数分間。
ロスタイムの4分間は死闘。
最後の最後にCKから闘莉王にヘディングを決められ直後終了のホイッスル。
千代反田が坪井に上手いこと体を寄せられて競れなかった。
0-1負け。

分かっていても止められない激しさ。
悔しいが、敵ながらこの辺の強さは凄い。

体力の限界を超え獅子奮迅の戦いを見せてくれた新潟の選手達。
その選手達の頑張りを見て、あの結末。。。
選手のことを思うと泣けてきた。
悔しくて悔しくて。
でもこの悔しさを無駄にしない選手達だと信じている。
次節、マルシオの出場停止は痛い。
でも代わりに入る選手にとっては出場機会を得るチャンス。
必ずホームでやってくれる。  


Posted by さくらい at 23:45Comments(2)