2009年05月05日

放心状態

体力的に厳しいであろうGW5連戦の4戦目。
今日は、ホームでジュビロ磐田との対戦。

イ・グノ加入後、開幕からの不調が嘘の様にここ数試合好調な磐田。
新潟は前節退場のマルシオが出場停止。
求められる仕事は違うが、マルシオの代わりにチョ・ヨンチョルが先発。
調子を取り戻した磐田とマルシオ不在。
嫌なめぐり合わせだが、ホームで負けるわけにいかないし、勝たなければいけない一戦だ。

前半。
立ち上がりからチャンスを作る新潟。
立ち上がりの悪さは今日は見えない。
左サイドをボールを持ったPJが大島とのワンツーで抜け出し、
ゴール前へ走りこんだヨンチョルにラストパス、ヨンチョルが落ち着いて決めて先制!
1-0!ヨンチョルJ1初ゴール。
早い時間に先制。
PJの溜めは大きな武器。
新潟、右サイドから良いクロスが上がるが中で合わず。
ヨンチョルと貴章で右サイドを崩し、貴章が一人抜きPJへパス。
PJはワントラップ後、狭いコースを狙いシュート、ゴール!
2-0!
直後、左サイドでボールを持ったPJがハーフウェイラインからドリブル。
一気に磐田の選手を置き去りにし、貴章へラストパス。
危険を察知していた山本脩斗さえ届かないボールに貴章がスライディングシュート。
これが決まり3-0!
貴章、足はえー!
喜びも束の間、直後、那須からのロングボールを前田がヘッドで永田の裏へ。
これに反応したイ・グノが抜け出し、折り返す。
このボールにトップスピードで走りこんできたジウシーニョがヘッド、ゴール。。。
3-1、1点返される。
一瞬、永田と北野でお互いに判断を躊躇する仕草が見えた。
この失点はいただけない(>_<)
そして、また失点してしまう。。。
ロングボールを受けたイ・グノが、走りこんだジウシーニョへボールを預け、
マークを外してフリーになったイ・グノへ折り返しシュート、ゴール。。。
3-2。。。
この時、新潟はゴール前に6人いるが、4人ジウシーニョに引き付けられてしまっている。
形は違えど、千葉戦の斎藤の同点ゴールを見ているようだった。。。
大きな反省点だ。
イケイケの磐田、西のシュートがポストを叩く。
追われる新潟・・・形勢逆転。。。

後半。
磐田は、貴章に負けてた山本脩斗に代えて犬塚を入れる、イエローももらってたしね。
お互いにボールを繋ぎ、チャンスを伺うも決定的な場面は作れず。
磐田の上田が交代で入ってから磐田の猛攻が始まる。
CKからの那須のヘッドは、北野がギリギリ手に当てて弾き出す。
続いてのCKのこぼれ球を茶野が強烈シュートも北野が体を張ってセーブ。
磐田、3人目の交代で太田が入る。
新潟は選手交代無く、疲れが見える。
疲れからか新潟のミスが目立つ。
この状況では、選手交代に慎重になるのも分かるし、
残念ながら積極的に交代で入れられる選手がいないのも新潟の現状。
残り10分、大島 out → デビ純 in
もちろん守備固め。
ジウトン、イエローで通算4枚目、次節出場停止。
駒野、山本康裕のシュートを北野が指先で防ぐ。
ロスタイム3分、何とかこのままでと祈る。
相手の放り込んだボールをジウトンがヘッドで弾くが、ボールは横へ反れ、
そのボールに走りこんだジウシーニョに千代反田の足が・・・・・・・・・PK(>_<)
ジウシーニョがPKを決めて同点に。。。
3-3(-_-;)
このまま引き分けで終了。。。

なんなんでしょう、なんなんでしょう、なんなんでしょう・・・
この見えない重圧、得体の知れない何か。。。
広島戦の3-3、千葉戦の2-2とホームで3戦連続で追い付かれてドロー。
悪夢です。
悔しいです。
得点直後に返された1点。
あれを取られたあと、磐田の選手はいけると思ったでしょう。
あの失点を簡単に献上しなければ、磐田はもっと焦りが出たと思う。
それと選手交代は、現状の控え選手じゃ、しないんじゃなくて出来ないんだと思う。
マルシオが不在での3得点は素晴らしい。
でも、苦しい日程を乗り切る為のゲームプランを作れないのが現状なんじゃないかな。
選手層の底上げが急務だと感じた。

次節、天地人ダービー、勝ちしか見えてません。
みんなでサポートしよう!  


Posted by さくらい at 23:55Comments(0)