2009年05月10日

天地人ダービー

昨日は、Jリーグ第11節、モンテディオ山形戦。
GW5連戦の5試合目。
J2時代は日本海ダービーとも言われた対戦。
6年振りの対戦となった今年は、天地人ダービーと名付けられた対戦。
モンテディオ山形は、今期まだホームでは負けなし。
アルビレックス新潟は、惜しい形でここ数試合勝ち点を落としてる。
両チームとも勝ちたい5位、6位対決。
新潟からはアウェーにも関わらず6,000人以上のサポーターが駆けつけた。
スタジアムを見ると半分近くはオレンジ色に見える。

新潟は、ジウトンがイエローカード累積で出場停止。
代わりに中野が先発。
マルシオが出場停止明けで先発。
そして、前節良い働きをして結果を残したチョ・ヨンチョルが松下のポジションで先発。

前半。
新潟は立ち上がり、サイドから仕掛けシュートで終わる形。
山形、古橋のシュートは本間がナイスブロック。
新潟の中盤での守備が効いている。
新潟のパスミスからの山形のカウンターには注意。
新潟はボールを回しながらシュートまで行くが、枠内が少なく決定的チャンスが少ない。
と思ってたら、マルシオからのパスを受けたPJがシュート、惜しくも相手GKが足で弾く。
山形はロングボールからのクロスに古橋がシュート。
北野が弾いたボールを更にキムがシュート、北野が顔面でセーブ!
ヒヤっとした。
山形のパスミスを奪った貴章が長いドリブルからクロスを入れるが相手GKがキャッチ。
マルシオのFKのこぼれ球を走りこんだ内田が強烈シュートも相手GKが弾く、惜しい。
山形は早々にFWキムを下げる。
序盤、抑え気味だった中野も高い位置に顔を出し始める。
しかし、新潟左サイドから度々チャンスを作られてしまう。
新潟のペースでシュートも打っているがシュート数ほどの大きなチャンスは少なく、なかなかゴールを割れず。

後半。
開始早々、いきなりの大ピンチ。
千代反田からボールを奪った山形の秋葉がシュート、北野がナイスセーブ!
あっぶねー。
今日もアグレッシブなPJがミドルシュートを打ち、相手選手に当たってこぼれたボールが貴章の足元に!
このチャンスを貴章がきっちり決めてゴール!
1-0、新潟が先制。
残り30分、これまでリードを守れない試合が続いた新潟がどのように試合を進めるのか。
直後、山形の長いFKからゴール・・・また最近の悪癖が出たか?!
と思ったらオフサイドで助かった。
無理に前へ前へ行かず、ボールを失わないように意識しているように見える新潟。
PJのアーリークロスに貴章が足から飛び込むが届かない、惜しい。
マルシオからの柔らかいクロスに貴章が頭で合わせるが相手GKが弾き、
混戦から再度貴章が打ったシュートはゴールネットを揺らすがオフサイド。。。
パスを奪われカウンターから古橋にシュートを打たれるが枠外、気をつけよう。
変に引くことなく、新潟ペースは崩していない。
残り10分切って、大島 out → 木暮 in
フォーメーションは変えず、PJが真ん中に入り、木暮がPJの位置に。
残り5分、新潟は無理な攻めはせず。
ロスタイム直前、貴章 out → 松下 in
ロスタイム4分が長く感じる。
ヨンチョル out → 松尾 in
久しぶりに交代枠3つを使う。
山形のヘディングシュートは弱くても見ていてドキドキしてしまう。
もう1発ロングボールから山形のヘディングシュート、北野がキャッチするがやっぱりドキドキする。
どうしてもロスタイムが長く感じる・・・が、きっちり抑え1-0勝利!
いやーホッとしました(^_^)
北野のナイスセーブで助けられたね。

5連戦、お疲れ様でした。
5連戦を2勝1敗2分。
2勝がアウェーというのは凄い収穫であると同時に、ホームの2分けがね(>_<;)
ただ、この山形戦では、反省点をチーム全体で意識できていたと思います。
選手交代に関しても木暮を入れてもフォーメーションは変えずに、
徐々に交代枠を使い守備意識を高めるようにしていた。
ただ、攻撃面ではCKでのチャンスをもっと活かすことができればと感じました。
次節、休養を十分に取り、メンバー的にもベストを組めるし、ホーム戦です。
良いパフォーマンス、良い試合が見れると思います。  


Posted by さくらい at 23:45Comments(0)