2009年12月13日

お疲れ様でした。そして、ありがとう

昨日は、天皇杯準々決勝 vs清水エスパルスでした。
天皇杯で、初のベスト8に進出した新潟。
退団が決まっている鈴木監督と共に、
このメンバーでまだまだ試合をやるためにも勝ちたい。
負傷のマルシオがギリギリこの試合に間に合うかと思われたが、
チームに帯同せず、代わりに松尾が攻撃的なポジションで先発。

新潟は、立ち上がりから矢野の積極的なプレーからビッグチャンスを作る。
シュートは惜しくも枠を外れる。
両チームとも守備が堅いチームながら、お互い攻撃を組み立て攻め合う。
先制点は、清水。
コーナーキックから岡崎が得意のヘッドで決める。
しかし、新潟も直ぐに取り返す。
清水PA内でボールを諦めず奪いに行った松下が倒されPKゲット。
松下がPKを決め追いつく、1-1。
後半、エベルトンが2枚目のイエローカードで早々に退場してしまう。
新潟は1人少ない状況ながら奮闘。
しかし、ヨンセンに高いヘッドを決められ1-2とされる。
残り時間は少なく、1人少ない状況。
しかし、しかし、これで終わらなかった。
ジウトンのロングスローを千代反田が後ろへすらし、矢野がヘッド!
もう少しでロスタイム突入だったが2-2に追いつく!
延長戦に突入し、大島を投入し攻撃的に出る新潟。
だが・・・、延長前半に勝ち越し点を取られ2-3にされる。
延長後半に決定機もあったが、そのまま終了。
天皇杯ベスト4ならず。
でも、1人少ない状況に選手たちは、精一杯のプレーで魅せてくれた。



鈴木アルビが遂に終戦となりました。
鈴木監督と1日でも長く一緒にサッカーがしたいと頑張った選手たち。
そして、そのサッカーを1日でも長く観たいと願ったサポーター。
2009シーズン、皆さんはどんなシーズンでしたか?
私は、最初から最後まで夢を見させてもらいました。

鈴木監督を始め、チームを退団する松尾選手、マーカス選手、
お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。
移籍先でも活躍されることを願っています。  


Posted by さくらい at 23:46Comments(0)