スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2010年03月21日

さらに内容上向き

昨日は、Jリーグ第3節 vsガンバ大阪。

我らが新潟には、マルシオが戻ってきた。
1節、2節と4-4-2でスタートしてきたが、
キャンプから取り組んできた4-2-3-1でキックオフ。
調子の上がらないガンバ大阪も4-2-3-1でスタート。
しかし、新潟はGK陣に怪我人が続き、急遽GK金井をアマチュア登録し、
ベンチメンバーに入れた。

立ち上がりからどちらとも攻撃の形を作れない時間帯が続くが、
新潟がマルシオを中心に徐々に小気味良いリズムを作り始める。
数的優位を上手く作りながら、優位に試合を進める新潟に対し、
ガンバはワントップが機能せず、らしさが無い。
前半からガンバはFWを交代して打開を図る。
新潟は、チャンスは作るもののシュートまで持って行けない。
ガンバは、ルーカスの負傷交代もあったが、チグハグな場面が目立った。
お互いにクロスバー直撃のシュートもあったが、
0-0の引き分けで終了。



内容は悪くないが、今回も勝利できず。
迷走中のガンバ相手に勝利のチャンスでもあっただけに残念。
ただ、選手個人としてもチームとしても状態が良いだけに、
初勝利は次節にも見られると私は思う。

前節、黒河の負傷退場にともない、急遽交代出場したGK東口。
この試合では難しいシュートを確実にキャッチしたりと期待以上の働きを見せてくれた。
この緊急事態にとても頼もしい。

次節は、アウェーで湘南ベルマーレと対戦。
特に意識する必要は無いが、楽しみな1戦。
こう書いている時点で意識しているのか(^_^;)  


Posted by さくらい at 23:19Comments(0)