2010年06月01日

vsイングランド

一昨日行われた、日本代表vsイングランド代表。
ライブ放送では見れなかったので、翌朝録画で見ました。
情報封鎖していたので、興奮しました(^_^;)


しかし、結果は、1-2負け。

得点シーンのCKは、最初のCKで相手の意表をつきハマリましたね。

負けましたが、韓国戦では影を潜めていた戦う姿勢が見えた一戦だったと思います。
連動した守備が機能していました。

しかし、ハードワークを続ける日本は、後半持たなかったですね。
ジェラードが入ってから中盤でのプレスが効かなくなった。
バランス良く試合を進めていても、
中盤でハードワーク出来る選手を積極的に投入できれば違った展開が望めたかも。
高地での試合では、さらにペース配分に気を使わなければならない。
今回はイングランドはフィールドプレーヤーを5人交代。
日本の交代は3人だったのも影響はあるとは思う。
日本は本番を想定して、あえて3人の交代枠しか使わなかったのかな?

失点は2点ともオウンゴールとはいえ、ボールのスピード、質が高い故のもの。
イングランドのスピードに乗った攻撃は迫力があった。

さらに泥沼に入り込む結果にはならなかったですが、
まだまだ課題は多いですね。
次の強化試合コートジボワール戦も注目しましょう。



スイスの合宿地で行われた、地元スイスのFCシオンに6-0で勝利ですね。
後半から出場した我らが矢野貴章も2ゴールとアピールした模様!  


Posted by さくらい at 17:18Comments(2)