2010年06月10日

決勝トーナメント進出ならず

昨日は、ヤマザキナビスコカップ予選最終節 vs名古屋グランパス



うちの車で行くので、預かっていた太鼓と共に名古屋へ行ってきました。

前節から中10日空いた新潟。
我らがアルビレックス新潟が決勝トーナメントに進出するためには、
FC東京が負け、仙台が負けか引き分け、
さらに新潟が4点差以上で勝たないといけない。
自力だけでは予選突破できない厳しい状況。
消化試合の名古屋は、ブルザノビッチ、マギヌンを温存。

前半から新潟ペース。
左サイドから持ち上がり、大きくサイドチェンジし西から大島に当てて、
マルシオ、ミシェウが前を向いてボールを受ける展開を何度か繰り返した。
名古屋は単発な攻撃に終始。
3トップの一角に入った三都主が新潟左サイドを何回か突破し、
そこから何度かチャンスを作ってた。
先制は新潟。
ミシェウからマルシオへパス、マルシオが落ち着いてループシュート!1-0
名古屋、ダニルソンの好機はわずかにシュートが枠を外れ助かる。
その後も危険なシュートを打たれるが、
東口が好反応(多分触った)し、ボールはポストに弾かれ難を逃れる。

後半、開始から名古屋はブルザノビッチ、マギヌンを投入。
でも、ペースは変わらず新潟。
好機を作る新潟。
新潟、中野→内田
新潟、マルシオからPA手前のミシェウにパス、
ミシェウがゴール右隅に落ち着いてシュート!2-0
名古屋、小川→杉本
新潟、大島→木暮
新潟は4点差以上が必須、攻撃の手を緩めない。
新潟、小林→三門
名古屋の好機は、東口のスーパーセーブで防ぐ。
しかし、新潟の好機も惜しい形で決まらない。
2-0で勝ったものの、予選突破ならず。





モチベーションの影響でしょうか、名古屋のパフォーマンスは低く、
終始新潟の試合でした。
名古屋はヤマザキナビスコ杯に入ってから絶不調で、
この日は名古屋サポは応援拒否だった模様。

結果的に他力の部分では、FC東京、仙台ともに勝ち、
新潟がたとえ4点差以上で勝っても予選突破は叶いませんでした。

選手が他会場の試合経過を知っていたかは分かりませんが、
4点差以上を狙って最後まで攻め続けていました。
正直ミシェウがあそこで決めてれば(^_^;)・・・という場面が何度かあったので、
もっと得点は取れる展開でした。

決勝トーナメント進出という結果は今期も得られませんでした。
ただ、チームの状況は悪くないので、良い雰囲気で中断期間に入れるんじゃないでしょうか。




ついに明日から4年に1度のワールドカップが始まりますね。
寝不足に気を付けながら楽しみたいと思います。  


Posted by さくらい at 23:06Comments(0)