2009年04月30日

ジンクス?!

GW5連戦の2戦目。
前節、アウェーで劇的なロスタイムゴールで勝利し、連戦の良いスタートを切った。
前節出れなかったPJは休養十分なだけに期待したい。

前半。
開始まもなく、ロングボールから谷澤にシュートを打たれるも北野ナイスセーブ!
新潟も負けてない。
ジウトンの早いクロスから波状攻撃も惜しくもゴールを割れず。
千葉も谷澤、巻が連続シュートを打つが北野がまたもナイスセーブ!
千葉は、巻を軸に速い突破の深井、テクニックの谷澤と組み合わせは面白い。
両チーム立ち上がりからビッグチャンス。
お互い攻守の切り替えが早く、一進一退が続く。
そんな中、PJがドリブルでボールを運び相手を引き付け、フリーの貴章へパス。
貴章はシュートの選択もあったが、マイナスのボールをマルシオへ戻し、
マルシオがきっちりシュートを決め先制!
1-0。
貴章の判断とゴール前を塞ぐ相手選手の間をきっちりとシュートを決めるマルシオ。
そしてPJのボールを受ける瞬感や、ボールキープ時の体の使い方が素晴らしい。
新潟両SBが積極的で厚い攻撃が出来ている。
その影には本間の存在が大きい。

後半。
千葉がCKからボスナーがファーサイドでヘディングを決め1-1に追いつかれる。
悔しいがCKのボールも素晴らしかった。
しかし、直ぐに新潟が勝ち越し点。
ジウトンからのクロスに大島がヘディングゴール!
2-1。
新潟は追加点を奪うべく、奪って速い攻撃を仕掛けるが最後の精度に欠ける。
千葉の中盤の守備の網に掛かり、千葉の時間が増える。
深井のクロス気味のシュートを北野がナイスセーブ。
マルシオのミドル、永田のヘディングと相手GKに弾かれる。
交代の定番となった、チョ ヨンチョル in → 大島 out
追加点を狙いたい。
その後、千葉 in → 松下 out、残り5分、逃げ切り策。
しかし、その直後フリーの斎藤にヘディングゴールを決められ2-2。。。
左サイド深くにボールを運んだ深井に3人引き付けられ、
ゴール前のマークがスカスカになってた。
ロスタイム直前、再度の勝ち越しを狙い、本間 out → 亜土夢 in
そうそう劇的なロスタイム弾は出ず、そのまま引き分け。

千葉はビッグスワンでは負けなし・・・このジンクスを俺は気にしてなかったけど。。。
ホームで、広島戦、今節の千葉戦と追いつかれての引き分け。
悔しい、とても悔しい。
でも大島のホーム初ゴールは今後に向けて、大きな収穫。
内容が悪くないだけに、失点した原因を見つめ直し、次節浦和戦に臨んでくれると思います。




Posted by さくらい at 11:08│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。