2009年05月18日

強い

昨日は、ホームでアルビレックス新潟vsヴィッセル神戸。

新潟は、ホームで3戦続けてドローという煮え切らない試合が続いている。
神戸は、今期アウェーで結果が出ていない。
さらに神戸は公式戦未だ新潟に勝ったことがない。
神戸はそんな状況を打破したいところだろうが、
好調な上にベストメンバーを組める新潟に分があるのは贔屓目を抜きにしても感じるところ。

前節、少しだけサポの前に姿を見せたファビーニョ。
今節はホームということで、お帰りセレモニーicon12

新潟は、チョ・ヨンチョルが3戦連続スタメン。
左SBは、ジウトンも出場停止明けだが、前節に続いて中野がスタメンでスタート。
神戸は、試合前の練習でキム・ナミルが負傷し、急遽メンバー変更というアクシデント。

前半。
開始まもなく、前線まで上がっていた内田にスルスルっとボールが渡りGKと1対1に。
しかし、シュートはGK正面で先制ならず。
神戸はサイドから攻撃を仕掛けるが、新潟DFがガッチリと中で守る。
神戸、馬場のミドルシュート?!が弧を描いて枠を捉えるが北野が片手で弾く。
セカンドボールは神戸に拾われる場面が多いが、
新潟も負けずにボールを奪いに行っている。
新潟の早い攻撃から最後は大島がヘディングシュート打つも枠を外れる。
PJ得意のエリアからシュートするもGKキャッチ、ファンブルしていれば新潟先制だったな。
ヨンチョルの落しからマルシオシュート、枠を外す。
神戸はマルセウが積極的にシュートを狙うがいずれも枠を外す。
CKから得点のにおいがしない。
本間、効いてる。

後半。
神戸の時間でもシュートは枠に来ないので怖くはない。
新潟、ボールホルダーへのサポートが遅い。
中野 out → ジウトン in
大島のふわりとしたラストパスを貴章がボレーシュートを打つが枠を越える。
ジウトンのアーリークロスに貴章がヘディングシュート、ネットを揺らすがオフサイド。
ジウトンが入ってから動きが活性。
PJが個人技からペナルティエリア内に進入、シュートを打つがギリギリ枠をそれる。
神戸の時間帯でも新潟はしぶとくはね返す。
チョ・ヨンチョル out → 松下 in
松下のFKを千代反田がヘッドで流す感じのシュートがクロスバーに当たりそのままゴールへ!
1-0、待望の先制点!
先制点後が課題の新潟だが、攻めの姿勢を崩していない。
マルシオのクロスを相手DFがクリア、そのボールが松下の元へ。
松下が低い弾道のシュートを突き刺し追加点!
2-0。
ロスタイム直前、内田 out → 松尾 in
そのまま終了。
ホームで4試合ぶりの勝利!

スタッツ以上に、新潟の安定感を感じた勝利。
その安定感は、本間の働きが大きい。
雨の影響もあるだろうが、マルシオのプレースキックに可能性を感じられないのが心配。
それはマルシオのキックのせいだけでなく、チームとしてのアイディア不足なのかもしれない。

連勝の新潟は、得点力にゲーム運びの上手さを加え、2試合連続完封。
怪我人も無く、さらに快進撃は続きそうだ。




Posted by さくらい at 08:40│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。