2010年06月15日

vsカメルーン

昨夜は、W杯カメルーン戦。
LIVE放送をご覧になった方も多かったことと思います。
寝不足かもしれませんが、寝起きは良かったんじゃないですかicon12

予選突破のためには重要とされたカメルーン戦で見事1-0勝利!
シビレました。
そして感動の涙が出ました。

そして我らがアルビレックス新潟の矢野貴章が途中出場した時には、
興奮も最高潮!

試合展開、松井、大久保の疲労度から、これは・・・と思いました。
嬉しかったですねー。

前半は、厳しい寄せでカメルーンに思うような攻撃をさせなかった日本。
エトーにスペースを与えると危険な場面もありましたが、粘り強く守ってました。
サイドの攻防は面白かったですね。
気後れせず、チャレンジすることでチャンスを広げてました。
選手交代も的確だったと思います。

貴重な勝ち点3を得た日本。
次戦は、オランダです。
引き分けを狙って引き分けられる相手じゃない。
基本はやはり厳しい寄せで相手の長所を消すことからでしょうね。
初戦を勝ったオランダは、無理せずロッベンを出さない気がしますが、
どっちにしても日本にとっては厳しい戦いです。




W杯開幕後、4日が過ぎました。
全ての試合を見ていませんが、どの試合もW杯の重みを感じます。
韓国の充実ぶりは羨ましいですね。
得点こそ奪えてないですが、アルゼンチンのメッシは「らしさ」を発揮、マラドーナ監督も(^_^;)
ドイツのクローゼはW杯に合わせたように調子を上げてきますね。

今大会ならではの部分では、騒音に近いブブゼラ。
何かしらの規制が入りそうな記事がありました。
そして、公式球のジャブラニ。
軽くて、縫い目の凹凸が少ないボールは、
試合結果にも影響を及ぼしている。
ブレ球にしやすいけど、カーブを掛けずらい。
高地での影響も大きそう。
バウンドにも癖がありそう。

今夜いよいよ死のグループと言われているグループGの試合があります。
楽しみです。




Posted by さくらい at 09:39│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。