2010年05月16日

4連勝!

昨日は、Jリーグ第12節 vsモンテディオ山形

5試合負け無し3連勝中のアルビレックス新潟。
リーグ戦中断前にチームタイ記録の4連勝で締めたいところ。
そして、闘病中のマルセロフィジカルコーチのためにもチーム一丸で戦う意気込み。
新潟の選手は、病床のマルセロコーチへのメッセージTシャツを着用して入場。
モンテディオ山形は前節、堅守を崩され3失点で負けている。
連敗は避けたいところ。

前半、守備を固める山形を、ボールを回しながらチャンスを窺う新潟。
山形 田代が裏のスペースを狙って来た場面はヤバかったが、難を逃れた。
こういったパターンは一番気を付けなければいけない。
心なしかいつもより身体能力の高さを見せる矢野貴章、代表効果か。
山形 CKからのクリアボールを宮沢がダイレクトシュート。
宮沢のシュートは、一瞬時が止まったかのようにゴールに突き刺さった・・・0-1
直後、マルシオがGKの頭を越すループシュートを放つが枠を越える。
矢野貴章の素晴らしいダイビングヘッドは惜しくもGK正面。
攻撃が停滞しそうな雰囲気の中、マルシオがゴール正面絶好の位置から、
FKを直接ゴールに決めて同点に!1-1
バイタルエリアで相手を崩すトライを続ける新潟。
ロスタイム直前、バイタルエリアに走りこんだ本間が、
豪快なミドルシュートを決めて逆転!2-1

後半、頭から山形 下村投入。
山形 古橋のシュートはポストを叩き焦る。
新潟も猛攻を仕掛けるが、山形は体を張ってディフェンス。
山形 佐藤→増田
単発だが山形 古橋のPA侵入は危険度が高い。
山形 宮沢→長谷川
システムを変えながらペースを掴もうとそする山形。
新潟 小林→三門
山形ペースに持っていかれそうな時間帯もヨンチョルが個人でリズムを変える。
新潟 ミシェウ→ファグネル
中盤でマルシオがボールを奪いボールを運びヨンチョルへパス、
ヨンチョルが個人技でシュートを決める!3-1
新潟 マルシオ→河原
安定した得点力を備えた新潟が4連勝!





矢野を4連勝で代表へ送り出すことができた。
リーグ無得点という部分を疑問視される矢野だが、
試合をしっかり見てもらえれば、チームへの貢献度の高さが分かるはず。

中断期間までに試合数分の勝ち点12以上は欲しい、
なんて言われてた時期もあったが、勝ち点を17まで伸ばし、暫定7位まで浮上。
流れが停滞しそうな時でもヨンチョルが個人でリズムを変えたり、
チームとしてチャンスを得点に結びつけることができる。
この試合に関しては、矢野貴章の日本代表選出の効果が、
チーム全体をエネルギッシュにしている感じも受けた。

リーグは一旦中断期間に入るが、ヤマザキナビスコ杯の予選があります。
決勝トーナメント進出を目指して、快進撃が続くでしょう。




Posted by さくらい at 23:18│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。