2010年07月18日

5連勝ならず

昨日は、Jリーグ第13節 vsセレッソ大阪
我らが新潟は、チーム史上初となるJ1リーグ5連勝が懸かる。
対するC大阪は、水曜日に試合があって中2日。
でも広島に5-0で勝って勢いがありそうだ。

前半、立ち上がりから押し込んでくるC大阪。
粘り強く守りシュートを打たせない新潟。
しかし、新潟もC大阪の守備に手こずりシュートまでいけない。
C大阪のアタッカー陣を捕らえるのに手こずる新潟。
中盤でボールを奪えるようになると新潟ペースに。
ミシェウからヨンチョルのシーンは惜しかった。
前半0-0と思い始めた頃、
嫌な時間帯にCKからアドリアーノにヘディングで決められ0-1。

後半、マルシオ→ヨンチョル→ミシェウ→ヨンチョルと
キレイに回るがシュートは枠にいかず。
マルシオのFKは続けて壁に当たる。
またもやヨンチョル、スライディングシュート惜しかった。
直後のピンチは冷や汗。
また絶好の位置でマルシオのFK、またまたまた壁に少し当たったが、
これがGKの逆をついて見事ゴーーール!1-1に追いつく。
勢いづく新潟。
C大阪同時に2人交代、乾out→小松in、清武out→黒木in
新潟、中野out→内田in
ますます新潟は前へ前へとシュートを狙う。
後半は貴章のアクロバチックプレーを堪能(笑)
新潟、三門out→大島in 4-3-3に。
新潟、ミシェウout→酒井in
なにげに最後のアドリアーノシュートでひや汗。
後半の猛攻も勝ち越し点は遠く、1-1で引き分け。



後半は完全に新潟ペースながら同点止まりでした。
5連勝ならず。

マルシオのFKはことごとく壁に当たってましたね。
際どいところを狙ってのことだと思うけど。
前半の貴章は周りとのタイミングが合わないシーンが目立ったけど、
後半は運動量豊富ないつもの貴章でした。
5連勝という大きな記録は逃したけど、チーム状態は良いですね。
次の仙台戦に期待しましょう。  


Posted by さくらい at 23:32Comments(0)