2010年09月27日

耐える時

土曜日は、Jリーグ第24節 vs浦和レッズ

新潟は、アウェーで浦和に勝ったことがない。
というか引き分けもない。。。
マルシオは今節も欠場。
さらにミシェウも欠場。

前半、新潟は立ち上がりから積極的に前へ前へ出る。
新潟は攻守の切り替えが早く、浦和にペースをつかませない。
新潟の積極性からボールもいいところへこぼれチャンスが生まれる。
先制点を取れればと思っていたが、
前半終了間際、柏木のきれいなミドルが決まってしまう。。。0-1
悔しいが、敵ながら・・・。

後半、リズムを取り戻した浦和に攻められ苦しい展開。
浦和は新潟の攻撃を落ち着いて対処。
新潟は嫌なボールの奪われ方が目立つ。
新潟は、明堂、川又を投入するも、
浦和に追加点を奪われさらに追い詰められる。
新潟は得点を奪えず、0-2の敗戦。



やはり、マルシオとミシェウのいない状況では苦しい展開になるのは避けられない。
でも、何度も言うようだけど、この部分は乗り越えなければいけない。
サポーターも根気強く応援しなければいけない。

今は苦しい状況ではあるけど若い選手の成長も楽しみなんだよね。
やはり実戦で経験を積まないとそう簡単に結果が付いて来るものではない。

次節もアウェー、上位のセレッソ大阪と対戦。
どんな状況であろうと次の試合が楽しみなのは変わらない。
一緒に乗り越えよう。  


Posted by さくらい at 00:31Comments(0)