2010年05月25日

厳しい結果

昨夜の日本代表vs韓国代表
両チームとも最高のモチベーションで臨んだであろう一戦。

結果はご存知の通り、厳しいものとなりました。

監督が不安を感じるくらいですから、
みんながこの結果に不安を感じるのは当たり前。
日本の生命線の組織力はゼロに等しかったんじゃないでしょうか。

今回は、選手交代の人数が多いルールではありましたが、
我らが矢野貴章、途中出場しました。
起用される時は、残り時間の少ない場面がほとんどでしょうが、
その中でも矢野貴章らしさを出せると思います。
期待してます。

W杯本番までイングランド、コートジボワールと強化試合があります。
そこで光明を見せてほしい。  


Posted by さくらい at 18:00Comments(0)