2009年08月22日

県勢初の快挙!

昨日の一戦は興奮、感動しました!
県内でのicon13視聴率は高かったでしょうね。
甲子園ベスト4の座をかけて、新潟県代表 日本文理は、
島根県代表の立正大淞南と対戦。
打で圧倒した日本文理が11-3で勝ちましたicon12
大会史上初の2試合連続毎回安打も達成。



対戦相手の立正大淞南は、インフルエンザの影響で主将含め5人の選手が欠場したにも関わらず、
とても粘り強い素晴らしい試合をしたと思います。
特にピッチャーの崎田選手の頑張りには感動しました。


県勢初の甲子園ベスト4ですが、これまでの新潟県勢は苦戦続きでした。
たしか全国で一番勝率が低かったと思います。

このデータを見ても、過去の勝利数がいかに少なかったかが分かりますicon11
しかし大井監督の下、甲子園出場が目標では無く、
甲子園で勝つことを目標にトレーニングを積んできたそうです。


明日は決勝進出をかけて、岐阜県代表の県岐阜商と対戦です。
県岐阜商も打線が好調なようなので打撃戦となるのでしょうか?

しかし、日本文理のピッチャー伊藤選手も好投手ですから期待してます。
あのポーカーフェースで淡々と投げる姿は頼もしさを感じます。

そして、3試合で50安打の打線は次も爆発してくれると思います。
特に背番号7 高橋義人選手のバッティングに注目してます。

注目の準決勝第一試合は、明日11時プレーボールです。  


Posted by さくらい at 16:17Comments(2)