2009年11月09日

男だねぇ

昨日は、Jリーグ第31節 vsジュビロ磐田。
鈴木監督の退任が決まって数日。
さすがに選手も報告を聞いた時は、沈んだ雰囲気になったようだが、
その後は、鈴木監督のためにも・・・という気持ちで一丸となったようだ。

前半から猛攻を仕掛ける新潟。
ここ数試合、こういう入り方をしている感じだが、
この攻めている時間帯に点を取れなった。
しかし、昨日は違った。
ジウトンからのロングスローから、大島が競って先制点を上げる。
1-0。
その後も新潟の時間のまま、前半終了。
前半は、磐田の攻撃をシュートゼロに抑える。
後半、磐田の時間帯も多少あったが、危険なシーンはほとんど無し。
次の得点も新潟に入る。
大島が切り返しで一人かわし、冷静に決めて2-0。
サッカーで2点リードはセーフティーリードでは無いと言われるが、
昨日の新潟の安定振りからすれば、2点目で勝負は決まった。

リーグ戦の連敗を止めた。
そして、磐田のシュートを2本に抑える完勝!
前半の攻撃は、本当に素晴らしかった。
あれだけ後ろから選手が走りこんだら、磐田の守備は後手後手だ。
素晴らしい攻めだけでなく、しっかりバランスは取っていて、好守の切り替えも早い。
そのバランス、リズムを作っているのが2人のボランチ。
DF陣も強力な磐田2トップを完全に抑えてたね。

こういう素晴らしい試合の時に限って新聞は休刊。
仕方ないので、コンビニでスポニチを勝ってきたが、
紙面の大半が、千葉のJ2降格と仙台、C大阪のJ1昇格の話題。
さらに山形がシュートゼロというJリーグ記録を作ってしまったんで、
磐田vs新潟の記事は小さかったicon15

この試合で4月以来のゴールとなる2ゴールを上げたのが大島。
大島は山形時代、鈴木監督に育てられ、横浜FMで日本人得点王まで上りつめた選手。
横浜FMを解雇になって、数チームからのオファーの中で今シーズン新潟を選んでくれた。
育ててくれた鈴木監督からの誘いに入団してくれたのだ。
そんな恩師である鈴木監督の退任が決まったのが先日。
周りのみんなが思っている以上に、この試合にかける思いが大島にはあったのではないか。
得点以外の部分で大きな働きをしている今シーズンでも、
FWとして得点という結果がなかなか出せずにいた。
しかし、昨日の試合では4月以来となるゴールを上げる、しかも2得点。
多くを語らなくても、大島の気持ちが十分伝わってくる2ゴール。
なんか、泣けてきたね。

リーグは残り3試合、天皇杯は勝ち続ければ4試合。
鈴木監督と1試合でも多く戦い、そして勝利する。
選手たちの気持ちは、そんな思いで結束しているように見える。

鈴木監督退任が決まったからには、気持ちを切り替えようと思っていた。
しかし、磐田戦の素晴らしい鈴木サッカーを観たら、また気持ちが揺らいできた。
1試合でも多く鈴木監督と戦いたいのは、選手だけでなくサポーターも同じ思いだ。
大きな目標を鈴木監督と共に達成したい。  


Posted by さくらい at 20:59Comments(0)